トップページ >  悩み・目的別で選ぶ >  脱毛の種類による違い

ヒゲ脱毛の種類

ヒゲ脱毛には大きく分けて3種類あります。光脱毛、レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)、美容電気脱毛です。光脱毛と美容電気脱毛はエステで行い、レーザー脱毛はクリニックで行います。

光脱毛とレーザー脱毛はどちらも光を当てて脱毛します。光が黒い部分に作用するので、毛根に対し抑毛作用をもたらします。光脱毛とレーザー脱毛の違いは、脱毛に使用される光の強さです。クリニックで行うレーザー脱毛の方が強い光を用います。施術をしてすぐに抜ける毛もありますが、数日してから徐々に毛が抜けていきます。出力が強い分だけレーザー脱毛の方が早く効果が出ます。

電気脱毛は毛根に電気を流すことで、毛根の働きを阻害します。施術をするときに直接ヒゲを1本ずつ抜いていくので、光やレーザー脱毛よりもすぐに効果があらわれます。1本ずつ抜くので、時間がかかります。

脱毛方法により違うのは以下のポイントです。
痛み
効果
施術時間
料金
これらのポイントを見ていきます。

痛みについての違い

痛みがほとんどないのは光脱毛です。施術を受けた人のほとんどが痛くなかったと答えています。逆に痛いと言われているのは、レーザー脱毛と美容電気脱毛です。
レーザー脱毛は痛くないと宣伝しているクリニックも多いですが実際に受けると痛いという人もけっこういます。例えば、こちらのクリニックのサイトを見ると痛いと正直に書いてあります。
美容電気脱毛も痛いと言われていますが、実際に受けてみると全く痛みを感じない人もいます。私も電気脱毛を受けたことがあるのですが、ほとんど痛みを感じませんでした。逆にとても痛いと感じる人もいます。痛みに関しては個人差が大きいと言われていますし、施術を行うスタッフの技術によっても全く変わってきます。下手な人が手術を行うと痛いそうです。
レーザー脱毛や美容電気脱毛で感じる痛みは個人差が大きいので、最初は体験コースで自分の場合は痛いかどうかを確認すると良いです。

効果についての違い

効果が一番早くでるのは美容電気脱毛です。施術のときに直接1本ずつ抜いていくので、その日のうちに処理した部分のヒゲはなくなります。
次に効果が早いのはレーザー脱毛です。光脱毛とレーザー脱毛は仕組みは同じですが、レーザー脱毛の方が強い光を当てる分だけ、効果がでるのが早くなります。施術したその日に抜ける毛もありますが、大体は数日してからポロポロと抜けてきます。

効果の持続性について。レーザー脱毛は永久脱毛であると宣伝しているクリニックも多いですが、本当の意味で永久脱毛ではありません。アメリカでは、脱毛してから1か月後に、毛が再生している量が20%以下なら永久脱毛であると定義しています。日本でもこれに習っているようです。私もレーザー脱毛をしたことがあるのですが、数年もするとほとんど元の状態に戻りました。光脱毛も仕組みが同じなので、毛が再生するのも同じだと思います。
光やレーザーに比べて、美容電気脱毛の場合は持続性も長いようです。脱毛再大手のTBCでは、光脱毛と美容電気脱毛を行なっているのですが、美容電気脱毛について長い調査を行なっています。TBCで美容電気脱毛を受けた人の追跡調査しているのですが、20年以上たっても毛が再生していないことがTBCのサイトで公開されています。

料金と施術時間の違い

美容電気脱毛は1本ずつヒゲを抜いていくので、非常に時間がかかります
光脱毛とレーザー脱毛は広い範囲を一度に処理するので、施術時間が短いです。
この時間の違いが料金の違いに直結します。

短時間で処理できる光脱毛とレーザー脱毛は料金が安いです。
逆に、美容電気脱毛は高いと言われています。1本ずつ抜いていくので、ヒゲの本数が多いほど料金も高くなります。ヒゲ脱毛をしたい人は、本数が多いでしょうから料金が高くなりがちです。施術時間で料金が発生するので、単純に言うとヒゲの本数が2倍になれば料金も2倍になります。

光脱毛やレーザー脱毛の料金を調べると、ヒゲ全体を脱毛していくらかかるかと明記されているのに、美容電気脱毛の場合はそのような料金が明記されていません。それは、ヒゲの本数で料金が変わるので、個人毎に料金が全く違うからです。美容電気脱毛の場合は、最初に見積もりを出してくれるので、それを聞いてから脱毛するか判断することになります。

ヒゲ脱毛には大きく分けて、光脱毛、レーザー脱毛、美容電気脱毛の3種類があります。それぞれに特徴が異なるので、自分の目的や悩みにあった脱毛法がどれなのかをしっかりと知ることが大切です。